結婚相手は心落ち着きほっとする人と楽しい人どちらを選ぶ?

付き合い始めて2年になる彼がいて、ぼちぼち結婚の話も出始めてきた。彼は、優しくて、おとなしくて、真面目で、少し人見知り。彼と一緒に居ると「ほっこり」して心は落ち着くし、沈黙している時間も多いけど楽しく過ごせる。一緒にいて好きだと感じるし、この後も一緒に居たいと思える。

一方で、私の理想の男性像というのは、活発で面白く、一緒に話しをすれば爆笑できるような人がタイプで、今の男友だちの中にそういうタイプの男性がいる。しかもその男性、私に好意を抱いてくれている感じもある。

結婚という自分の将来を考えた場合、もちろん彼に恋心を持っているのは事実だけれど、彼とその男性のどちらを選んだらいいのかで迷いがある。どうしたらいいのだろう?

そんな人生の岐路(?)に立たされたあなたの悩みについてです。

スポンサードリンク

どちらがいいのか決められず葛藤している状態

あなたが「今の彼と男友だち、結婚するならどちらがいいのか?」を悩んでいる今の状況は極端な言い方をしてしまうと、『お昼ご飯に「今日はアレを食べよう!」とお店に入ったら、日替わりランチも魅力的でどっちを頼んだらいいのか決められなくなった状態』と一緒です。

どちらも食べたいのですが、だからと言って両方頼むわけにもいきません。どちらかを選ばなければいけないのです。しかし悩めば悩むほど余計に決められなくなっていきます。

こういう状況を見て、優柔不断とか、意思が弱いとか、葛藤しているとか言いますが、実は脳が『心的飽和』に陥っているのです。心的飽和というのは、「悩むことに飽きてしまい思考が進まない」状態のことで、どっちにしようか一生懸命考えているようで、実は脳の中では考えるのをやめてしまっているのです。

ランチメニューと結婚相手のことを一緒にしてしまい申し訳ありませんが、でも脳の中で悩む仕組みは同じなのです。

自分の中で『絶対的な決め手』がないと考えているのでどちらにするか決断ができず、しかし本人の決めたいという意識とは裏腹に、脳は悩むのに飽きてしまい考えが進まないので、結論が出なくなるのです。

ランチの場合はいつまでも悩んでいるわけにもいきませんから、結局周りの人と同じものにしてしまったり、なにか理由をこじつけて選ぶことになりますが、結婚相手だとそう簡単に決めるわけにもいきませんね。

ところでその男友だちですが、本当に結婚相手の候補として考える価値がある人なのでしょうか?

ちょっと男友だちさんに失礼な言い方になってしまいましたが、これはその男友だちさん自体がどうこうではなくて、あなたの気持ちとして男友だちさんを本当に結婚相手として考えたいと思っているのか?ということです。

『心理的リアクタンス』といって、人は自分の自由が奪われそうになった時、これに抵抗したいと思うものなのでが、今のあなたにこの『心理的リアクタンス』が働いている可能性もあります。「彼と結婚する」という話が出た時に、あなたは『自分の自由(結婚する・しないを選ぶ自由、結婚相手を選ぶ自由)が奪われる』と感じてしまったのです。そこで『結婚相手は彼じゃなくて、別の…えーと…例えば自分の理想のタイプで選んだ方がいいのでは?』というような考えが出てきたのです。つまり、『彼との結婚で自由が奪われてしまう』ことに抵抗するために別の選択肢も考えようとしてその男友だちさんが出てきただけなのかもしれないのです。

スポンサードリンク

これは、「あなたが彼のことが好きじゃない、彼と結婚したくない」という意味ではなくて、単にあなたが『結婚』に対して『まだ結論を出したくない、もっと猶予を持っていたい』ということだと思います。

理想タイプの男友だちが結婚相手としてどうか?

ところで、その理想のタイプに近い男友だちさんが、本当にあなたの結婚相手として良いのか真剣に考えたことはあるのでしょうか?

友だちとして付き合っている感じではいい感じなのかもしれませんが、結婚相手としていいのかは、実際にお付き合いをしてみないとわからないですよね。

実はその男友だちは、

  • 暴力的でDV男
  • 金遣いが荒くて借金がある
  • 女癖が悪く浮気男

なんて可能性もあるわけです。

また、活発な男性がタイプだというあなたも活発だとしたら、似た者同士のカップルというのは結婚に向いていないことが多いと言われています。夫婦というのは長い間一緒に過ごすものですから、2人がお互いの不足している部分を補える関係の方が夫婦には適していると心理学的には言われているのです。

【参考】似た者同士のカップルの相性は?長続きするしない?

いずれにしても、男友だちさんと結婚して夫婦としてやっていけそうか見極めるための期間が必要ですよね。しかし二股をかけるわけにもいきませんから、それはすなわち彼と別れる選択をすることになりますよね。男友だちの方がいいことがわかったから彼と別れるのではなく、男友だちの方がいいか確かめるために彼と別れることになるのです。

あなたはここのところを真剣に考えているでしょうか?

後悔のない選択をするためには

まずは、あなたの気持ちを整理してみましょう。

そもそも、あなたは今結婚したいですか?将来的にはもちろん結婚をしようと考えていると思いますが、『今』結婚を考えたいと思っているのでしょうか?

彼と結婚する/しない以前に、今はまだ結婚のことを考えたくないのであれば、『もう少し今のままでいる』という選択肢もあるのではないでしょうか?

また、彼と別れることを想像してみてください。自分の理想のタイプの男性を選んで結婚するために、彼と別れて後悔しない覚悟はありますか?あなたが彼に感じている「一緒に居たい」というあなた自身の思いをもう少ししっかり見つめてあげるべきではないでしょうか?

結婚と言うのは、おそらくあなたが想像しているよりも、長く一緒に過ごすものです。ランチメニューを決めるのとはわけが違います。ですから心の底から決断できないと、一生後悔することになります。悩むことに飽きてしまったからと、安易な決め方で決める訳にはいかないのです。

ということで、彼を失うことの大きさをあなた自身で判断して、それができるかどうか?から決断していくといいと思います。

スポンサードリンク